Top >  ナイアシン >  ナイアシン不足による欠乏症(ペラグラ)

ナイアシン不足による欠乏症(ペラグラ)

本格的にナイアシンが不足しますと、二日酔いといった軽い症状だけではなく、もっと深刻な欠乏症の原因になってしまいます。


ナイアシンの欠乏症で最も怖いのがペラグラ(食欲不振や全身けん怠感や、酷い皮膚炎などを招きます)です。


ペラグラは、ナイアシンが不足したことによって、日光に当たりやすい顔や手足に炎症がおき、悪化すると胃腸障害や精神障害が見られます。


ペラグラの精神障害の一つに、うつ症状や統合失調症(妄想・幻覚・幻聴といった症状)が上げられます。最近では、カナダのホッファー医師らの研究で統合失調症にナイアシンを中心とした栄養療法を行ったとされていて、現在ではアメリカ・カナダでは、一般医療の分野においても治療の分野で応用されナイアシンを療法しているそうです。


では、このようなナイアシンによる欠乏症を予防するには、普段の食生活でどのような食品(食材)をどのように摂取していけば良いのでしょうか?


ナイアシンを含む食品として上げられるのが、小麦全粒粉、小麦胚芽、卵、ローストしたピーナッツ、なつめ、アボガド、いちじく、プルーンといった食材です。


効果的な摂り方としては、魚、肉、レバーといった、体内でナイアシンの原料となるアミノ酸も豊富で、なおかつナイアシンそのものも多く含む食品を中心に摂るようにすることです。


また、ビタミンB1、B2、B6が不足するとナイアシンの合成能力が低下してしまいますので、それらのビタミンも一緒に摂るように心がけた方が良いでしょう。

ナイアシン

関連エントリー

糖質・脂質代謝の補酵素  /   ナイアシン不足による欠乏症(ペラグラ)  /   一日所要量と上手な摂り方  /