一言が追加できる良さ

看護師として、まずは仕事に慣れて手際よく仕事ができるようにするのは基本ですが、そればかりに力を注いでいても良い看護師にはなれません。現場にいて欲しいと思われる看護師になるために重要になるのが、人との会話の中で他の看護師にはない一言を追加できるようになることです。感謝の気持ちを伝えたり、誤りを認めて謝罪を行ったりすることは人として重要なことです。それに加えて、励ましや協調の言葉も患者との会話では欠かせない一言です。あまり人が指摘しないようなことに気づいたときには、隠さずに一言添えるというちょっとした配慮も必要になります。率直な意見を伝えながらも、相手への配慮を欠かさないという姿勢を崩さずに会話をしていくことが、一歩成長するために大切なことです。

そういう看護師になることによって、良い看護師と思われるようになるのには理由があります。ただ決められた仕事をしているだけの看護師になってしまうと、他の看護師の海の中に埋もれてしまい、個性が失われてしまいがちになるでしょう。そこから突出できるというのが最も大きなメリットです。それに加えて、話をすれば他の人にはない言葉がもらえるということが分かると医師からも患者からも信頼されるようになります。その結果としてよく話を受けるようになっていき、その会話を通して医師にも患者にも貢献していくことができるのです。誰からも頼りにされて役立っていけるようになるために必要なのが一言を追加することであり、良い看護師の要件になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です