立場によって変わる良い看護師

病院は健常者がお世話になるところではありません。体調を崩して、日常生活に不具合がある時に訪ねる場所でもあります。不健康になった身を健康体に戻してもらいたいという願いで訪ねる患者の場所なのです。患者を迎える病院の立場は、不健康な患者を医学の知識で健康体に戻すための措置を施すということになります。仕事である限りは経営を最優先に据えておかなければ、継続した治療に破綻を招いてしまいます。特に、医療は特効薬があるわけではなく、本人の治癒力を高めるための補助が基本ですから、時間のかかるものです。簡単に閉鎖してしまえば、より多くの患者に迷惑をかけてしまいます。

患者にとって良い看護師と言われる人は、不具合がある患者の心情に深く入り込んで看護してくれる人をいいます。しかし、病院経営から考えると一人の患者に看護師が深く入り込んでしまうと、時間が取られるばかりではなく他の患者からは批判の的になってしまいます。病院経営上、看護師の人数には限界があり、すべての看護師が患者に同調して話を聞き、小間使いまでするようになると本末転倒になります。しかし、経営の立場ばかりを最優先して看護師の仕事をすると、患者からは「この病院は冷たい」となり、外来患者が減り経営に支障がきてしまいます。人間は、誰でも人に良く見てもらいたいと思う心を持っていますが、何事もバランスが大切です。本当の良い看護師の条件は、目先の問題で対処するのではなく看護師の業務内容に対してプライドを持って患者に接している人と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です